シミを残さないための日焼け後の美白ケア5つのステップ

日焼け止めを塗ったのに焼けちゃった。。。

うっかりしていて日焼けしちゃった。

シミが残らないか心配。。。

春夏の紫外線の多い時期によくある悩みですが、たとえうっかり日焼けしてしまったとしても、シミが残るかどうかは日焼け後のケア次第です。

日焼け後に適切な美白ケアを行うことで、シミの元となるメラニンの生成を抑えたり、たとえメラニンができても、お肌からうまく排出させればシミとして残ることはありません。

ここでは日焼け後にシミを残さないための美白ケアを徹底解説します。

まずはしっかり冷やしてほてりを鎮めよう

日焼けとは程度の差はありますが、お肌のやけどです。

やけどなのですから、まずは冷やすことが基本です。

冷水を浴びたり、冷やした濡れタオルをやさしくあてるなどしてほてりを鎮めます。

ただし、水膨れを起こしているようなひどい日焼けの場合は、あれこれ手を加えずに早めに皮膚科を受診しましょう。

敏感肌用の化粧水で保湿ケア

日焼けした肌は、紫外線による刺激でバリア機能が壊れているため、角層内部の水分が失われ、乾燥が進んでいます。

バリア機能が失われた状態では、水分を与えても水分は逃げる一方ですし、外部刺激が角層内部にダイレクトに届いてしまうため、さまざまな肌トラブルを引き起こします。

水分を補うだけでなく、水分をキープできる保水力を与えて、肌本来のバリア機能を回復させてあげましょう。

お肌の保水力アップのポイントは、角層で水分を抱え込む機能を持つセラミドにあります。

ただし、日焼け後はお肌のバリア機能が壊れて敏感肌に傾いていますので、普通肌用の化粧水では刺激が強すぎます。

敏感肌用のセラミド配合化粧水を選び、化粧水をつける際には、手のひらに適量をとりやさしくなじませましょう。

おすすめの化粧水は、ポーラオルビスグループの敏感肌向けブランド、ディセンシア サエルの薬用美白化粧水です。

敏感肌用の美容液とクリームで美白ケア

化粧水で水分を与えつつ、保水力を高めてから、美容液やクリームを使った美白ケアに入ります。

美白化粧品に配合されている美白有効成分の「美白」効果とは、「メラニンの生成を抑えて、シミ・そばかすを防ぐ」ことです。

ですから、メラニンの生成が始まる前にできるだけ早く、美白有効成分をお肌に届けることが、シミやそばかすを防ぐポイントです。

医薬部外品として、厚生労働省が効果を認めた美白有効成分としては、ビタミンC誘導体、アルブチン等が一般的です。

美容液やクリームの成分表示欄を確認し、有効成分として「アスコルビン酸」といった表記があればビタミンC誘導体が配合されています。

アルブチンが配合されていれば、有効成分として「アルブチン」と表記されています。

こうした美白有効成分が配合されている美容液やクリームを選びましょう。

日焼け後の繊細なお肌には、敏感肌向けのディセンシア サエルの薬用美白美容液と薬用美白クリームがおすすめです。

日焼け後の敏感肌に傾いたお肌にも安心して使えます。

美白サプリで内側からも美白ケア

ここまでお話ししたのは、お肌の外側からの美白ケアですが、「絶対にシミを残したくないッ!」ということであれば、体の内側からの美白ケアも欠かせません。

美白サプリも併用して、体の内側からも美白ケアしちゃいましょう。

一般に美白サプリと理解されているものにも、美白作用を明確に表記できないサプリメントもあれば、効能効果が認められている第三類医薬品などがあります。

美白サプリは、効能効果の認められた有効成分を配合していないので、短期間飲んだだけでは目に見える効果はほとんど期待できません。

日焼け後の美白ケアでシミを残さないためには、お肌のターンオーバーのサイクルである28日間以内を目安に、メラニンをできるだけ作らないこと、また、できてしまったメラニンをスムーズなターンオーバーで排出することがポイントです。

そのためには、短期間での効果が期待できるL-システイン配合の第3類医薬品がおすすめです。

L-システインは、体の内側からメラニンができるプロセスに働きかけて、シミとそばかすを防ぐ効果が認められた成分です。

生活習慣を整えてスムーズなターンオーバーを保つ

お肌の外側の表皮では、常に新しい細胞と古い細胞が入れかわっています。

このお肌の表皮の新陳代謝をターンオーバーと呼びますが、ターンオーバーは、20歳ころでは約28日周期ですが、年齢を重ねると遅れがちになり、40歳を過ぎると約40日もかかるようになります。

ターンオーバーが遅くなると、古い角質が表皮にたまってメラニン色素の排出もうまくいかなくなり、シミが残りやすくなります。

年齢とともにターンオーバーが遅れがちになるのは、ある程度仕方のないことではありますが、栄養バランスの偏った食事が続いたり、睡眠不足や運動不足、ストレスなどもターンオーバーの乱れの原因になります。

食事では特にビタミンCが不足しないように意識しましょう。

ビタミンCはメラニン色素の排出を促すだけでなく、出来てしまったシミを薄くする作用もあります。

ビタミンCは体内に蓄えておけないので、常に食事で摂る必要があります。

ビタミンCというとレモンをイメージする方が多いのですが、レモンの果肉にはビタミンCはあまり含まれていません。

パプリカやピーマン、ブロッコリーなどの緑黄色野菜の方がたっぷりと含まれています。

お肌のターンオーバーが最も活発になるのは、成長ホルモンの分泌が高まる眠り始めの3時間と言われています。

眠り始めの3時間に深い睡眠をとり、途中で目が覚めることのないように寝室の環境にも配慮しましょう。

体内時計とも呼ばれるように、人間の体の各部は、一定のリズムで動いています。

眠りにつく時間と起床時間、3度の食事、運動の時間などを決まった時間で規則正しく繰り返すことで、ターンオーバーを乱すことなく、メラニン排出を促しましょう。

まとめ

日焼け後の美白ケアでシミを残さないためには、化粧品を使った外側からのケアだけでなく、食事や睡眠、運動、ストレスコントロールなど、生活全般を整える内側からのケアもしっかり行いましょう。

紫外線は様々なお肌の悩みに深く関係しています。

10年後の若々しいお肌のためには、1年を通じてしっかりUVケアと美白ケアをして、「日焼けはしない、紫外線はシャットアウト」が基本中の基本です。

最新情報

2017年5月29日
美白化粧品
ディセンシア サエル
日焼け後の敏感肌にも安心の美白化粧品 「美白化粧品は刺激が強そうだけど日焼け後でも大丈夫?」 美白化粧品は、効・・・
2017年5月21日
日焼け後の美白ケアに役立つ知識
紫外線対策の基礎知識
小麦色の肌が健康的なイメージを持たれたのはすでに過去の話。 最近は紫外線の害が広く知られるようになり、美容面だ・・・
2017年5月21日
日焼け後の美白ケアに役立つ知識
日焼け後の肌の状態に応じた美白ケアとは
みなさんは、海や山などでの日焼け後に肌がどのような状態になるでしょうか。 ここでは、日焼けした際のお肌の状態を・・・
2017年5月21日
日焼け後の美白ケアに役立つ知識
紫外線が肌の老化を加速させるってホント?
年齢とともに気になってくるのがお肌のハリ不足やたるみ、しわ、シミ・・・。 原因は様々ありますが、紫外線による影・・・
2017年5月21日
美白サプリ・飲み薬
ホワイトショット インナーロック IX
>>体の中からアプローチする美白サプリ「ホワイトショット インナーロック IX」<< 日焼け後の美白ケアに内側・・・
2017年5月20日
美白サプリ・飲み薬
ロスミンローヤル
>>できてしまったシミも薄くする美白のための飲み薬「ロスミンローヤル」<< 日焼け後の美白ケアに確かな効果の飲・・・
サブコンテンツ

このページの先頭へ